最大のメリットは保険料が安いこと

インターネットが普及した今日では、自動車保険にもネット通販型と呼ばれる種類の商品が登場しています。そのネット通販型自動車保険の最大のメリットは「保険料が安いこと」で、テレビや新聞、雑誌などの広告においてもしばしば強調されています。安さを実現できる理由は、代理店を介さずに販売する形をとることで、人件費や手数料などで構成され、損害保険会社が事業を運営するための必要経費に相当する付加保険料の上乗せを抑えているためです。保険料が安くなると補償内容も手厚くなくなっていく傾向がありますが、ネット通販型の自動車保険ではそのようなことはなく、代理店型のものとほぼ同程度の補償とサービスを受けることができます。

手続きの大半を自分で行う必要があるのがデメリット

ネット通販型の自動車保険のデメリットは、加入や契約内容変更などの手続きの大半を自分自身で行わなければならないことです。保険商品の内容を十分に理解してから手続きに入らないと、保険料が想定より高くなったり、交通事故に遭遇して被害を受けたときに補償を十分に受けられない場合があります。代理店型であれば保険代理店のスタッフが内容を噛み砕いて説明してくれるので商品内容の理解がすすみ、加入手続きもスムーズにすすめることができますが、ネット通販型は商品内容を理解する作業から契約するまでを全て自分自身で行わなければなりません。

ただし、損害保険や自動車保険に関する専門知識をある程度理解していて、いま自分自身に必要な補償内容も調べることができるのであれば、上記のデメリットを感じることは少ないでしょう。

自動車保険選びの際には万が一の際にも、しっかりと保障がされる様にオプションもチェックしておくのが賢明です。ロードサービスや弁護士費用など予算と相談しながら組み合わせて行くのが賢い選び方です。