大学で心理学系の学部を専攻する

自分や他人の心の動き「心理学」に興味がある人は、どのように進路を選んだらよいのでしょうか。まず思いつくのが、心理学系の学部のある大学を選ぶことでしょうか。心理学を勉強できる大学は、「心理学部」「心理学科」とはっきり名称がついたところだけとは限りません。「人間科学部」「社会システム学科」など、一見心理学とは関係がないような名称がつけられている場合もあります。

ただし、臨床心理士になりたい、などの将来の見通しがはっきり立っている場合は、注意が必要です。その学校に通うことによって資格が取得できるかどうかを、事前にしっかり調べておく必要があります。心理学の勉強ができる大学は数多くありますが、研究や実験に特化した学部もあります。

社会人になってから心理学を勉強するには

就職をしてみたけれど、やはり心理学を勉強したい!と思う人もいることでしょう。社会人になってから臨床心理士などの公認資格をとるには、通信制の大学や、夜間大学に通うという手段もあります。働いて生計をたてながら勉強するのは大変ですが、すでに経済基盤があるということで、安心して勉強にはげむことができます。

公認資格以外なら、最近では通信教育や専門学校で取得できる資格もあります。最近では、産業カウンセラー、心理コンサルタント、メンタルトレーナーなど、色んな種類の心理系資格が出ています。心理カウンセラーとして活躍するためには、公認資格を絶対にとっておかなくてはいけない、ということはありません。民間資格を取りながら、あとはカウンセリング経験を積んでいくという方も多いようです。

心理学の大学は関東地方や中部地方、近畿地方などに数校が存在します。その他に、心理学部は無いものの心理学を受講できる大学は多いです。