ファクタリングとは?

ファクタリングというのは、企業などの売掛金をファクタリング会社と呼ばれる企業に売却することによって、支払期限が到来する前に現金化するというものです。これにより、速やかに現金を手にすることができることから、事業資金を調達するための方法として、非常に有用なものであるということができるでしょう。

ファクタリングのメリットとは?

このファクタリングのメリットは、何と言っても支払期限を待たずに売掛金を現金化できるということですが、それ以外にもバランスシートをスリムにしたり、キャッシュフローを改善させたりといった多くの良い点があります。また、取引先に知られずに売掛金を売却することができ、信用情報にも影響はないことから、金融機関などとの関係を損なうことなく実施できるというのも大きな魅力です。さらに、金融機関による融資の審査とファクタリング会社による売掛金の評価はその基準が違うことから、与信情報に問題があるため融資を受けることができない会社であっても、ファクタリングを利用することが可能であるケースは珍しくありません。

ファクタリングのデメリットとは?

多くのメリットがある一方で、ファクタリングにはデメリットも存在します。もっとも注意が必要な点としては、ファクタリング会社に手数料を支払わなければならないということで、それによって売掛金の支払いを待っていれば得られたであろう金額よりも少ないキャッシュしか得ることができないことになります。また、当然ながら売掛金の範囲内でしか資金調達はできないことから、多額の資金を必要とする場合には、必ずしも取り得る方法ではないかもしれません。

黒字倒産という言葉があるように、企業の運営にキャッシュの確保は欠かせません。売掛債権を資金に変えてくれるファクタリングは覚えておく価値ありです。